会社を学ぶ

製品・サービス

「東京都地域特産品認証商品」


東京都の銘柄豚「TOKYO-X」をドイツ式製法で加工したロースハムをいち早く商品化し、同製品は特許庁より大多摩ハムの登録商標に認められました。2003年には東京都から「東京都地域特産品認証商品」として認証を受け。2016年に国土交通省より「TOKYO&AROUND TOKYOブランド」の認定を受ける等、地域特産品としてのポテンシャルの高さが証明されています。

IT技術を利用して生まれた3Dソーセージ


製菓業界ではいろいろな造形食品がありますが、食肉関係ではほとんど存在しません。理由は蛋白質が金型にくっつきやすく、剥離性が悪いためです。当社は金型とシリコンの二重構造の型によって立体的な造形ソーセージの製造に成功し、特許を取得。シリコン部分は変更可能で、3Dで型を作れば様々な造形食品をつくることが可能になりました。当社は3Dソーセージ「ローズパステート」を商品化しており、百貨店でギフト用に販売しています。

NHKをはじめ、民放各局でも取材を受けることも多くあります。今後はさらに当社の製法や認知度を広めていきたいです。


海外でも高評価


写真(下)は香港ワイン&スピリッツ・フェア 2016に出展した際の写真です。
多くの人がブースに集まり、用意した試食品はすべてなくなりました。

「どこで手に入るの?」「香港では売っていないの?」という声が何度も聞こえました。試食されたのは、目の肥えたバイヤーの方たち。そんな方たちに高い評価を受けたのは、弊社の進んできた道が正しかったという証明だと感じています。

“加水増量”をしないドイツ式製法


当社の用いる伝統的なドイツ式製法の特徴の一つは、1kgの原料肉から、1kg以上の加工肉を製造しないこと 。廉価な量産加工肉の製造では、1kgの原料肉に加水をして2kg以上の加工肉を製造する「加水増量」と呼ばれる技術が使われています。ドイツ式製法では一切使用しません。

この他にも、燻煙や熟成の工程においてドイツ式製法は非常に手間暇がかかるため、大手メーカーでは取り入れられておらず、差別化となる当社の強みとなっています。
この事実は、経済産業省 中小企業庁が選定した「はばたく中小企業・小規模事業者300社」2017年においても取組を収録した冊子で紹介して頂いている事実です。(写真上)

キャリア形成

入社後の流れ


入社すると、最初は整形業務を行います。自分自身のメインの業務を決めた上で、2~3の業務を覚えていただき、忙しい時に対応できる体制づくりを進めています。挑戦したい業務があれば、なんでもチャレンジできる風土です。

一般職⇒主任⇒係長⇒課長と昇格できます。
将来的には現場での責任者としての業務はもちろん、後輩の指導や外部との対応業務をお願いすることもあります。こちらも、責任者が不在でも対応できる体制づくりを進めています。

社長は「自分の分身が欲しい」そうです。社長は経営者ですから、社員とはまた別の視点を持っています。その社長の考えを理解し経営に近いところで、一緒に考え行動できる社員も今後もっと必要になるでしょう。そういう役割を任せられる社員の採用や育成にも、力を入れたいと考えています。

資格取得も応援します


実務を通して仕事を覚えてもらっています。手を動かし体験することで、力がついていきます。もちろん最初は先輩や上司がついて説明をしてやって見せて、それから始めてもらいます。そのうちに、先輩や上司が少し場を離れても一人でできるようになり、数時間空けても「やっておきましたよ!」と言えるようになります。責任もありますが、その責任があるからやりがいを感じることや、成長に繋がるんだと思います。

必要な資格は希望者を募って取得してもらいます。希望者を募ると積極的に手が上がるんですよ。資格を取得することで自信もつくでしょうし、業務に直結していることですから役に立つはず。だから希望を確認する方法を取っています。この方法は今後も続けたいですね。

女性の働き方

働き続けることが当たり前


入社12年。販売を行っていましたが、昨年事務職に異動。12年の間に3回の産休・育休を取りました。私自身、長く働きたいと思っていたので制度を活用して、産休・育休が取れたのは本当に良かったです。ただ、3人目の時はさまざまなことから、「辞めるしかないかな」と思い詰めたこともあるんです。会社に相談したところ、柔軟に対応してもらって休暇を頂き働き続けることができています。

私にとって生活の中に「仕事」があるのは当たり前のこと。学校を卒業したら就職するのと同じように、一度働き始めたら働き続けることが当然なんです。でも、以前働いた会社ではこんなに長く勤められませんでした。

12年も働き続けることができたのは、働きやすかったからです。基本的に就業時間もきちんとしていますし、「仕事たまっていない?」などの仲間からの声掛けもあります。また、子供の都合で休むこともあるんですが、みんな心配してくれて優しい言葉をかけてくれます。

事務職になりまだ1年。もっともっと覚えなくてはいけないことがあります。周りの人と同じレベルになれるように頑張ります!

レストラン&直売店のシュトゥーベン・オータマ(写真上)では、女性スタッフが多く活躍しています。

当社では、産休制度・育児休暇制度を取り入れています。出産・育児については、それぞれの社員の考え方、環境の違いがあるので、個別に話し合いながら本人が充実した働き方ができるよう、柔軟に対応しています。

また、現場で活躍している多くのパートさんがいます。「短時間の勤務を希望」「夕方は必ず家にいたい」など、働き方は様々。そういう方も安心して働ける職場づくりを進めております。